永嶋玲

みゅーじしゃん。しんがー。

記事一覧(263)

「『いや、アンサンブルだから…』」のこと。

こんにちはいや、もうそんな時間じゃないかここ最近は、ちょこちょこ現場に行きながら、合間にアルバム制作してまする。このペースでうまくいけば、年内には全楽曲の楽器が録り終えられて、来年にはヴォーカルとコーラスを入れて、バランス取れれば音源は完成できそうな感じですわいそんなこんなですがふと思い出した有名な方が出演されている舞台に自分の友人がアンサンブルで出演しているときに僕が「〇〇さんと共演できるってすごいね!」って言ったら「いや、でもアンサンブルだから…」っていう反応が返ってきたことがあってそれって、向上心や、高みを目指しているからこそ出てくる言葉なのかもしれないから素晴らしいのかもしれないけれどでも、僕が言ってる、すごいねっていうのが、十分に伝わっていない気がしてと、いうのもここ最近改めてすごく思うのはそういう有名な方やプロの方の仕事や演技を生で見れるって、なかなかできることではないししかもそれを一緒に稽古と本番を重ねて、そのプロセスまで共にできるっていうのは、アンサンブルとかキャストとか関係なく、貴重なことだと思うだけれど、それが自分はアンサンブルではなく、キャストに入りたいんだっていう気持ちが先行しすぎていると、せっかくの学びのチャンスをモノにできなくなってしまうのかなと、ふと思ったのですプロを知っているっていうのは、やっぱりこれは強いと思うのですプロを知らない人は、”プロってスゴい” ”プロはうまい” みたいな、漠然としたイメージになってしまうかもしれないけれど実際は、プロの方が全員うまいかっていうと、そうとも限らないしプロの方が演技をすると、圧倒されるほどにパワーがあって、ものすごい熱量が伝わってくるとも限らないそれでも、いかなる場合でも、プロはプロなのだそのポジションにいるということは、何かしらの理由があるわけで、そういったことも含めて、プロの仕事を見れるというのは、非常に刺激になる。これは別に俳優に限らず、スタッフの方々でもそうだし、他の分野でも、きっとそうなのだろうとは思う。そんなプロセスから本番まで、その姿を間近で見ることができて、しかも一緒にそれを経験できるっていうことは、僕はすごいことだと思う。それを本人がすごいことなんだ、貴重なことなんだ、有難いことなんだ、という気持ちがあればもしかしたら「いや、アンサンブルだから…」というような言葉は出てこなかったのかもしれないと思うとその言葉が出てくる時点で、感謝ができていないということなのかもしれないなあって、ふと思ったんですわ僕も毎日、勉強させていただいてることに感謝しなくてはです。[今後の活動予定] 《ライブ》 

「ハラちゃん…」のこと。

KARAが人気だった頃、僕は中学生で、僕もMVをかぶりつくように観ていた歌もダンスも衣装も洗練されていて、顔もスタイルも綺麗で、カッコよくてかわいくて、とにかくキラキラ輝いていて僕にとってKARAは、大げさじゃなく、希望だったジェットコースターラブのMVでは「ハラハラ」という歌詞の部分で毎回見せるハラちゃんの顔や表情が、最高に可愛くて印象的なのですどうして、あんなにも可愛くて綺麗な方が、苦しい想いをしなければならなかったのかどうして、こんなにも早く亡くならなければならなかったのかと思うと悲しくて…以前、自殺未遂の報道があったあと、あまり期間があかないまま、日本でテレビに出たり、ツアーをまわったりしていたからその姿を見たり、情報を知るたびにハラちゃん、大丈夫なのかなって思っていたから一番起きてほしくなかったことが起きてしまったものすごくショック生きてほしかったただ、それだけを願っていた頑張らなくていいから休んでいいから生きてほしかったんだよ死んでほしくなかったんだよハラちゃん…ネット上では、誹謗中傷や批難の声が原因で自殺をしたのではないかという憶測もあるけれどきっとそれだけじゃないそれも、大いにあるのかもしれないけれどきっとそれだけじゃないきっともっともっと色んなことが重なっていたんだきっとずっと限界だったんだずっと辛かったんだハラちゃんが抱えていた苦しみは、とても計り知れないけれどでも生きてさえいればまだ幸せになれる可能性があったのかもしれないし生きてさえいればもっと今より良い未来にたどり着けたかもしれないのにそう思ったら悲しくて仕方がないよ悔しくて仕方がないよ受け止められないよもうハラちゃんの姿見ることができないなんて悲しすぎるよハラちゃん…!生きてほしかった生きていてほしかった無責任かもしれないけれど自分勝手かもしれないけれどずっと希望の存在でいてほしかったKARAに夢中になっていたひとりの人間として、心から思います

「クロちゃん」のこと。

昨日も、またアルバム制作。歌録りでした。自分で作った曲だし、ライブでも歌っている曲なんだけど、めっちゃ難しかったなあ…今回の曲目の中で、たぶん一番難しかったでも、録り終えた音源を聴いたら、やっぱり良い曲やね粗いところもたくさんあるけれど、それも含めてカッコイイし迫力あるサウンドになってます自分でも、ちょっと衝撃的な曲だなあわりと最近クロちゃんのバラエティ番組の企画をなんとなくみていて  正直、僕は楽しんで観れちゃうほうで  アイドルのオーディションの審査をクロちゃんが独断でやっていて 
その豹変ぶりが、すっごくおもしろいのだけど 前の共同生活の企画のときも

女性側が「テレビとイメージが違って、優しい」と肯定的なコトを口にするから クロちゃんは、女性から良く思われるのが、上手なのかなあ。 そう思ったら、なんだか、ちょっと羨ましい。 きっと、クロちゃんの中で、女性はこういうときにこういうことを言ったら、こういう反応をするだろうみたいな、方程式があって そういうのにハマってしまうのかな? わかんないけど。  最近すごく実感するけれどミュージシャン同士って気薄な関係になりやすいものライブハウスのミュージシャンは特にそれもそれで、アリなんだけどやっぱりもっと濃い関係を、ミュージシャン同士でもっともっと築き上げていきたいなあと思うんだなあ「Rei's Cafe」みたいなライブで、単なる対バンやブッキングイベントではなく、一緒に演奏していくっていうような内容を一緒に作っていくと、自然と人対人の関係になっていきやすいただ、あんまり仲良い感じになると、それはそれで繊細で壊れやすいものだからどこかでドライにならないと、仕事に繋がらなかったりってこともある結局はバランスなのだけれどやっぱりもっともっと、おもしろくしたいのよね人間関係も含めてそういうのを、どうしたらもっとつくっていけるかなあ。そんな関係性を、つくっていかないと、前に記事で書いたような”永嶋玲に”依頼したいってなる状況を作っていけないような気がするんだよなあ自分から、もっともっと出向いていかないとだなあ。相変わらず、まとまりのない文章だわ。もう半年以上ずっとアルバムづくりしてますけど、いよいよ後半になってきました。これ、全曲できたら、曲順考えたりするのも、楽しいだろうなあ。あと、ジャケットデザインができてないから、考えていきたいなあ。かわいいのがいいなあ。そして、売れてほしいなあ。笑来年たくさんがんばります

「今が楽しければそれで本当にいいのか問題」のこと。

昨日は、ラジオありがとうございました。最近は、毎日、日々の予定をこなしながら、合間に作曲作業。。個展の音楽を担当することになりまして、そのための音源づくりを、ちょこちょこやりつつ先程、全曲のラフ音源を作り終えて、ひと段落。作曲に大事なのは、ノリと勢いですな。できるだけ悩まずに、あんまり時間をかけないことですわ。ホームページでも、ご報告させていただいたのですが今月から、僕は株式会社ビッグノーズとマネジメント契約を致しまして自分も会社の一員として、音楽活動をしていっているところでございます僕も、音楽を仕事にしていきたいという理想はありますし、現にお仕事としてやらせていただいているのですがやっぱり、音楽活動だけで自分の生活を成り立たせることは容易なことではなく普通なら、アルバイトしてちゃんと賄うべきだと思うのですがほぼ毎日何かしらの予定が入っているし、急な依頼もザラにあるので、なかなかそれが難しく。そんな半分言い訳をしながら、稼げていない自分がダサく思えてきてしまうときもあって、それが正直ストレスに感じてしまっているところはあるのですがでもやっぱり生活のためだったり、お金のために仕事をすることよりも将来につながっていける可能性のある仕事のほうを大事にしたいっていう思いはすごく強くあるしそれはそれで、とっても贅沢なことを言っていることは、わかるのだけれど結局、今いくら稼げているかよりも将来ちゃんと稼げていけるかのほうが大事な気がしてて稼ぎのない20代は、まだ許せるけど稼ぎのない40代とか50代には、絶対なりたくないし楽しいと思えることや、やりがいの感じられることでお金をいただけるようになりたい幸せになりたいし、「生きてるだけで幸せなんだ」みたいなまるで幸せのハードルを下げるような人生は嫌だちゃんと心が幸せだなって感じられないと、幸せとは言えないしただ生きてるだけじゃ幸せな気持ちにはなれない「今が楽しければ、それでいい」って言葉よく聞くけど僕の場合は、むしろ逆で「今が苦しくても、未来が楽しければそれがいい」と思っているので「バイトしてないの?」「若いうち遊んだほうがいいよ」「恋愛しなよ」「彼女つくりな」いろんなことを周りに言われるけどそこはもうガン無視しながらとにかく今は自分の活動に集中したい!いろんなものを犠牲にして、音楽やってんだこっちは!!プライドもあるし、女性も好きだし、遊びたいし、お金もほしいけど!!とにかく今は自分の活動に集中したい!たとえ、都外の風呂なしの部屋で、1日1食もやしだけの生活になったって、音楽やりたいし、僕には音楽しかできない。アルバイトばかりで、活動できていないひとだって、たくさんいるしそんな人から見たら、僕のこと許せないかもしれないし僕も最初のうちは、バイトしながら動いていたから、それがとても大変なのも、わかるつもり。だけど、バイトせずに自分の活動で1ヶ月のスケジュール埋めて、それを毎月繰り返していくのは、大変さの種類が違うし、これもこれで、苦しいものがある。「あなたが僕の立場だったら同じことできるの?」って言いたくなる気持ちも正直ある。でも、僕はそれをなんとかやって、次の段階に進めようとしている中で、改めて思うけれど勉強させていただけているってことが、とっても有難いことなんだと。そして、まだまだ僕もたくさん勉強したいし、勉強しなきゃいけないからいろんな現場で、いろんな曲を弾いたり作ったり歌ったりして、いろんな経験をしていきたい!と改めて思いますわ!寝る!!!![今後の活動予定] 《サポートライブ》11月6日 ミナミリョウヘイサポート@代官山NOMAD《ラジオ》11月7日 劇団マチダックスの1,2,3,4!@FMHOT839《テレビ》11月9日 世にも奇妙な物語'19 秋の特別編@フジテレビ AD役《映画》10月25日(金)公開「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」スタッフ役